FC2ブログ

。* 。 しあわせのタネ 。* 。




リリー、誕生日おめでとう! :: 2010/11/07(Sun)

はぁ~~、昨日の日本シリーズは見ているだけで疲れました。
千葉市民になって10年以上が経ちましたが、東海地方出身で大学は名古屋の私は物心ついたときからドラゴンズファン。
負ける気はしなかったけど、何故か勝てるという気もしないまま15回までしっかりと付き合いましたよ。
9時まではスケートとバレーの掛け持ちで忙しかったけど・・・

話をわんこに戻して、っと。

パフが卒業した翌日、リリーのいぬ親さまのりりまむさんよりメールをいただきました。
2年前のこの日、11月1日の犬の日にリリーは本当の家族との生活をスタートさせました。

早いものでリリーがうちの子になって2年になりました!ライラが来て始めはストレスになっていたような感じでしたが、今ではちゃんと受け入れてくれて良いパートナー?として仲良くしています。お散歩でちょっと離れてしまうと待っていてくれてお互いに離れ離れにならないようにしているようです。リリーの本当の年齢は分かりませんが一応10歳ということでお祝いしました。ライラが側でワンワン騒ぐので写真が上手く撮れていませんがお送りします!ずっと元気で側に居てくれることを心から願っています。



お届けのとき、誕生日が分からないから、この日を誕生日にしようとケーキを用意して待っていてくださいました。
20081102_547553.jpg

そしてこちらが今年のお誕生日の様子

ケーキ、デカっ!
これ全部リリーとライラで食べたなんてこと、ないですよね?

リリーはセンターから引き出された後、悪性の乳腺腫瘍が見つかりました。
その後、できる限りのことはしようと再発と転移予防のために乳腺を切除する手術を2回に分けて受けました。

大きなハンデを背負いながらも最高の家族と巡り会えたリリー。
今、リリーがこうして幸せに暮らしているのは海よりも深い愛情でリリーを守り、育ててくださるりりまむさんとお父様のお陰であるのはいうまでもありません。

その幸せにたどり着くまでに多くの人のお力添えがありました。
センターから引き出してくれたスタッフ、手術を引き受けてくださった提携病院の先生とスタッフのみなさん、病院への運搬を引き受けてくださったボランティアさん、医療費のご寄付をくださった心温かいみなさん、沢山の人の善意が集まって、リリーの幸せがあります。

リリーさん、誕生日おめでとう!
長生きして、いっぱいおいしいもの食べるんだよ!
みんなが応援しているからね!



スポンサーサイト



  1. 預かり犬
  2. | comment:2